トップ > 妊娠中の旅行先 > 温泉旅行

温泉旅行

妊婦の温泉旅行よく、妊娠中の温泉旅行はあまりよくないのではないか?と心配される妊婦さんがいますが、温泉そのものが妊婦さんに悪影響を及ぼすことはありません。
確かに、妊娠初期や妊娠後期でおなかが大きくなってからは、ふだんでも体調が安定しなかったり、おなかが張り易かったりするので、この時期の温泉旅行、というか旅行そのものがあまりおすすめできません。
でもその時期さえ避ければ、妊娠中の温泉旅行はむしろリラックス効果もあり、なにより夫婦の思い出作りにもなりますからね。
妊娠中とあっていくつか注意する点はあるので、それさえ守れば妊娠中の温泉旅行はおすすめです。

温泉の入り方
温泉といっても、入り方は普段の入浴と変わりありません。注意すべきことは同じです。ただ、いくつか注意する点もあるので、ここで確認しておきましょう。

足元には注意しよう
温泉場は普通のお湯と違って足元がすべりやすくなっています。泉質によっては足元がぬるぬるして、注意していないと転倒する危険性もあります。また、お腹が大きいせいで足元が見えづらくもなっているので、必ず手すりなどにつかまって、ゆっくりはいるようにしましょう。なるべくなら一人で入浴せずに誰かに付き添ってもらう、もしくは貸切風呂を借りて、夫婦水入らずで入浴するのもいいですね。

長湯はしない
いつもより広い温泉でリラックスしすぎて、ついつい長湯に。。。温泉の温度にもよりますが、長時間の入浴は厳禁です。長湯は疲れのもとですし血圧も高くなるので、長くても10分程度をめどに上がるようにしましょう。のぼせて頭がぼーっとして、すべり易い温泉場で転倒なんてことになったら大変ですからね。お腹の中の赤ちゃんと一緒に入っているということを忘れないようにしましょう。

体調が悪いときは入らない
せっかく温泉に来たのだから。。。と体調が悪いのに温泉に入るのはNGです。少しでも体調が変だと思ったら、入浴はやめましょう。

サウナには入らない
高温は非常にストレスになる環境です。同じように高温になる砂風呂も避けましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
妊娠中の旅行先

今しか旅行ができない!と思うと、『温泉でゆっくりしたい、あーでもどうせなら海外にも行ってみたいな』と旅行先に迷ってしまうのでは?
時期や条件、体調、旅行先の環境によって旅行先を選ぶ必要がありますし、条件が合わなければ断念せざるをえない場合もあります。特に海外旅行の場合、言葉、医療施設、緊急時の対応状況など、国内の旅行とは違いいろいろ制限がかかってきます。
そのあたりのことを加味しつつ、旅行先を決めるポイントなどを調べましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

前の記事 | 次の記事

関連記事